【妄】乗り気じゃなかった女を肉棒であんあん言わせるのが最高に気持ちイイ! - ぬれぬれ画像図鑑 ~無料エロ画像、アダルト画像のまとめサイト~

管理人おすすめリンク先

♪当ブログの管理人お気に入り妄想ストーリーはこちら♪





過去記事ランダムギャラリー:過去記事がランダムに表示されます

【妄】乗り気じゃなかった女を肉棒であんあん言わせるのが最高に気持ちイイ!

 img141

高校時代は一緒に受験勉強した清く正しい交際をしていた俺たちだったが、
同じ大学の違う学部に一緒に合格して上京してからは暗黙の了解どおり、
互いのアパートを行ったり来たり、半同棲状態になった。

やがて俺は自分のアパートを引き払い、彼女のアパートへ引っ越した。
うまくいっていたんだ、俺がロックに夢中になるまでは。

バンド仲間と一緒にいる時間がどんどん伸びて、
やがて大学も中退、プロになるつもりだったから親に堂々と報告に行った。
もちろん、学費も仕送りも停止。

それでもバイトとバンドの練習に明け暮れる俺はいい気なもの。

親父に似てハンサムな俺は女にも不自由はなく、
彼女のアパートに寝に戻る回数も1週間に3回、2回、
やがて2週間に1回と減っていった。

お袋が昔嘆いていた、お父さんは会社と結婚していて、私は二号さんなのよ。
同じ事を俺が彼女にしているとは全く気づかなかった。
親父は家に給料袋を運んでくれたが、俺はそれすらしなかったから、
俺の方が最低だ。

バンド仲間と飲み明かした明け方、4日ぶりに彼女のアパートに帰ってきたら、
鍵が閉まっていた。

幾らドアを叩いても出てこないので、彼女も友達の所に泊まったんだろうかと
のんきなことを考えて、そこらで時間をつぶしてから戻ったら、
偶然大家さんが俺たちの部屋から出てくるところだった。

彼女は引っ越していた。俺に何も言わず。
俺の荷物はなんと、俺の実家に送りつけられていたそうだ。
お袋から電話があって分かった。

携帯電話があって良かった。

固定電話しかないお袋達の時代だったら、
受取人払いで俺が長距離電話をかけるしか連絡方法が無かっただろう。
だって、お袋が手紙を書いたって、俺が受け取る場所が無いんだから。

あれから何年も経って、風の噂で彼女はでかい企業の係長、
俺はまだマイナーなバンドマン。

この女はなんとなく彼女に面影が似ている。
口の悪いやつなら貧乳と呼ぶだろう小さめのおっぱい
全裸でセックスするというのに外さない腕時計。

仕事の電話がかかってくるのを気にしていて集中できない様子だったが
俺はせいいっぱい優しくして時間をかけてぬれぬれにしてやった。

ずぶずぶに濡れれば、もう挿入れて欲しくてたまらなくなる。
品の良い喘ぎ声を漏らしているのも今のうち、

後ろから前からどんどん激しく攻めていって、
お願い、あたしのおまん◎こにあなたの肉棒を突き刺して下さいと
哀願するようになるまで何度でもイカせてやる。

フィニッシュは顔射か中出しか。

この女にはなんの恨みも無いんだが。

 img134img135
img136
img139

img137
img140
img138
img143
img144
img146
img145
img147
img148
img149
img150
img151
img153
img152

img155
img156
img158

img157
関連記事

記事と同じテーマの“無料” サンプル動画を見る!! ↓

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://kochotto.blog.fc2.com/tb.php/625-97e3e7a7

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...